✳︎妊娠中、授乳中の方へ✳︎

妊婦さんへの臨床試験は行われていないため、お腹の赤ちゃんに100%影響がないと証明されたお薬はありません。

お腹の赤ちゃんのことを第一に考え、当院では妊婦さん、授乳中の患者さんへの投薬はしておりません。

予防が第一ですが、少しでも体調が優れない場合は、早めに休養を取りましょう。

また、高熱が出たり症状が重い場合はかかりつけの産科の先生にご相談ください。

授乳中の方も母乳を通じて赤ちゃんへの影響が考えられます。

お薬服用中は授乳をお休みしていただくようお願いしております。

 

 

【風邪をひいたかなと思ったら】

 

十分な睡眠をとりましょう。

風邪には十分な休養と睡眠が何よりの薬です。

ゆっくりと休み、十分な睡眠を取ることにより免疫力も上がります。

 

水分をたくさん摂りましょう。

水分をたくさん摂るように心がけ、ウイルスを汗や尿で体の外に排出しましょう。お水よりOS1などの方が吸収されやすいのでオススメです。冷たい水分は身体を冷やしてしまいますので、冷蔵庫で冷やさず室温のまま飲みましょう。

嘔吐などある場合は、一気に水分を摂ると嘔吐の引き金になります。少量ずつ胃に流し込むように摂取しましょう。

 

消化の良いものを食べましょう

消化の良いものを食べ、消化器官を休める事で身体も元気になり、免疫力も高まります。

 

室内は暖かくし、加湿器で湿度を保ちましょう

風邪が流行する冬場は空気が乾燥しています。

部屋を暖かくして、加湿することにより喉にも優しく呼吸も楽になります。また湿度を高くすることによりウイルスの感染力を弱めることができるため、風邪の予防にもなります。風邪を引いていない時も空気が乾燥している時期は、加湿器を使用し湿度を保ちましょう。

 

熱がある場合は脇の下、首、鼠蹊部を冷やし、水分補給をしっかりとしてください。高熱の場合はかかりつけの産科の先生にご相談ください。

また、頭痛がある場合はおでこや後頭部を冷やしましょう。

 

 

【下痢の時には】

 

妊娠中はホルモンのバランスが変わり、便秘や下痢になったりすることがあります。

少し柔らかめの便が出る程度なら、消化の良い食事を食べ、休養を取って様子をみましょう。

また下痢をすると体は大量の体液を失います。脱水はお腹の赤ちゃんにもよくありません。

OS1などでしっかり水分を接種しましょう。

何度も下痢が続く場合はお腹の張りや子宮口が開きやすくなる恐れがありますので、かかりつけの産科の先生にかかりましょう。

 

 

妊娠中は免疫力も下がり、風邪など感染症にかかりやすくなります。

大切なお腹の赤ちゃんのために毎日の生活に気をつけて過ごしてください。

 

・マスクをする

・手洗いうがいをする

・人混みにはいかないようにする 

・十分な睡眠と休養をとる

・生ものは食べない

・消化の良いものを栄養のバランスよく食べるよう心がける

・乾燥している季節には加湿器を使用し、室内を適度な湿度に保つ

・温かくして体を冷やさないようにする(靴下、毛糸のパンツなど特に下半身を温かく保ちましょう)

 

無理をせず、体調に気をつけて母子ともに健やかな出産を迎えられますようお祈りしております。