*インフルエンザ予防接種Q&A*

Q1 インフルエンザの予防接種はいつしたらいいの?

ワクチンが十分な効果を発揮するのには2週間から4週間かかります。流行前に余裕を持った接種が良いでしょう。

10月半ばから12月中旬までに済ませておく事をお勧めします。

今年は新型コロナウイルスの流行により、10/1〜10/25までは65歳の方のみの接種となります。

その他の方は10/26以降の接種をお願いしております。

2回接種される13歳未満の方は、1回目の接種を早めに行うようにしましょう。

 

Q2 1回でいいの?2回の方がいいの?

13歳未満の方は2回接種をお勧めしています。

1回目と2回目の間隔は2〜4週間が良いとされています。

免疫効果を考慮すると4週間間隔で接種するのが良いでしょう

 

Q3 インフルエンザの予防接種はいくらで受けられるの?

インフルエンザの予防接種の価格は自費診療のため、医療機関によって異なります。

当院では1回目3500円(税込)2回目3000円(税込:当院で1回目の接種を行った13歳未満の方に限ります)で接種しております。

また、防腐剤を使用していないインフルエンザワクチンもございます。妊婦さんまた、防腐剤などにアレルギーをお持ちの方にお勧めです。こちらのワクチンはお取り寄せになります。お電話にてご予約をお願い致します。接種料は5000円(税込)です。

 

Q4 接種料の助成はあるの?

府中市、国立市、国分寺市、小金井市にお住まいの65歳以上の方は市の助成があり、2500円で接種できます。

特別な受診券などはご不要です。

2020年は新型コロナウイルスの影響で、東京都からも助成があり無料で接種できます。

ご住所の確認できる保険証または免許証などをご持参のうえ、受付で必ず65歳以上であることをお伝えください。

ご住所、年齢が確認できませんと助成は受けられませんのでご注意ください。

 

Q5 インフルエンザの予防接種の時は何を持っていったらいいの?

診察券をご持参ください。初診の方は登録のため保険証のご提示をお願いしております。

インフルエンザ予診票をダウンロードし、ご記入してきていただけると助かります。
(府中市にお住まいの65歳以上は複写式の問診票になりますので、受付にてお受け取りください)

 

Q6 予防接種を受けられないのはどんな時?

体温が37.5度以上あると接種できません。ご自宅で検温していただき、37.5度以上あるときはキャンセルの旨ご連絡ください。

また、風邪症状など体調が悪い時も接種を見合わせてください。

 

Q7 予防接種を受けた後はどうしたらいいの?

接種後30分以内は、副反応が現れることがあります。すぐにご連絡いただけるようにお願いいたします。

接種した日は激しい運動、飲酒などは避け静かに過ごすようにしましょう。

お風呂は問題ありませんが、シャワー程度に済ませた方が良いでしょう。
痙攣、強い頭痛、発熱などの症状が現れたらすぐにご連絡ください。

接種部位が腫れたり熱を持ったりすることがありますが、じきにおさまるので心配ありません。

気になる場合は、冷やすと良いでしょう。

 

※インフルエンザ接種後発熱、痙攣、頭痛などの症状が出た場合はすぐにご連絡ください。


インフルエンザ予防接種の説明文をお読みの上、予診票を事前にご記入の上ご持参いただけると大変助かります。

●インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種を接種する方はこちらの説明文をお読みの上、予診票にご記入の上ご持参ください。

ダウンロード
インフルエンザ予防接種を受ける前に
reiwa_infl_yoshin_ura_bk.jpg
JPEGファイル 780.5 KB

●インフルエンザ予診票

インフルエンザ予防接種の予診表です。

体温は来院直前に測定しご記入ください。

※府中市の助成を受ける方(65歳以上の府中市在住の方)はこちらの用紙ではありません。来院後助成用の用紙にご記入ください。

ダウンロード
インフルエンザ予防接種予診票
reiwa_infl_yoshin_asakura_bk.jpg
JPEGファイル 708.8 KB