帯状疱疹はピリピリした皮膚の痛みと、赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。
 これは体内に残っている水ぼうそうウイルスによるもので、水ぼうそうにかかったことのある方が免疫力が落ちた時などに発症します。若い方でも発症しますが、体力が落ちる50歳以上は発症リスクが高くなります。
 通常皮膚症状が治ると痛みも消えますが、神経に強い損傷が生じた場合はいつまでもピリピリとした辛い痛みが残る場合があります。(帯状疱疹後神経痛)また、目や耳の神経が損傷すると視力低下や難聴などの症状が残る場合があります。
 帯状疱疹を予防するためには、免疫が落ちないよう、規則正しい生活、栄養のバランスの取れた食事、十分な睡眠を心がけること、ワクチン接種が効果があります。
 帯状疱疹ワクチンには「水痘ワクチン」と「シングリックス」の2種類があり、50歳以上の方が接種できます。接種回数、効果、持続期間、料金などそれぞれ違いがあるので比較検討の上お申し込みください。
(どちらのワクチンもお取り寄せとなりますので、お電話にてご予約ください)